THIS SITE IS POWERED BY HABITUS

東京都渋谷区にあるウェブ制作・映像制作会社
「有限会社ハビタス」がお届けする情報サイト

メールの返信がこない?

この記事を書いた人
エディター
椎原
社会福祉法人敬章会Webサイトの子どもたちの写真、ほんとにかわいいです

最近、自分のまわりで「メールで連絡をしても返信が来ないことが多くなった」という話をちらほら聞きます。

サーバやネットワークのトラブルといった話ではなく、単に「読んだ人が返信を書かなくなったのではないか」という話です。

定量的な調査をしたわけではありませんから、エビデンスはありません。単に、個人の印象論です。しかし、複数の人からそういう話を聞くようになったので、そういう傾向があるのかもしれません。皆さんは、どうでしょうか? 実は、私も少し感じることがあります。

では、なぜメールの返信が来なくなったのでしょうか? 「嫌われているから」以外の理由を推測してみましょう。

メッセンジャー系アプリの普及

ひとつには、メールというツール自体を面倒くさいと思う人が増えているのではないでしょうか。

LINEやチャットワークといったメッセンジャー系のアプリの即時性、手軽さに慣れてしまうと、一定の形式を備えていなければならないメールが面倒に感じられるのでは、ということです。

私自身も、LINEは使っていませんが、仕事ではチャットワーク、プライベートではFBのメッセンジャーを使うようになってから、ちょっとした連絡ではメールは使わなくなりました。

Eメールが普及して、紙の手紙でのやり取りが減ったように、メッセンジャー系アプリの普及によって、メールでのやりとり自体が減っているでしょうし、少なくとも、メールへ返信すること自体のハードルは、以前よりも上がっているのかも知れません。
とくに、仕事でメールを使うより前に、友人とのやりとりでLINEを使っていた若い方たちは、そう感じてもまったく不思議ではないと思います。

複数デバイスによる管理の複雑化

もう1つには、複数デバイスを並行利用することによるメール管理の複雑化も背景にあるような気がします。これは、自分がスマホを使うようになってから感じました。

同じアカウントのメールを、スマホと会社のPC、家のPCで受信していると、未読/既読や返信の管理が複雑化してきます。

たとえば、移動中の電車でスマホでメールを読んだとき、長文の返信が必要なメールには、あとでPCで返信を書こうと思います。その後、会社でPCのメーラーやブラウザを開いたとき、通常は未読メールから処理します。他の未読メールを処理するうちに、先のスマホで読んだメールは既読になっているので見落として処理を忘れてしまう可能性があります。そうこうするうちに、なにかの拍子でアーカイブ(Gmailの場合)してしまうと、もう目に入ることもなくなり、忘却の彼方に消えてしまいます。

通常、メールのアカウントは個人アカウントと仕事アカウントを持っているでしょう。個人アカウントも複数を使い分けていたり、仕事アカウントでも、プロジェクトごとにアカウントを作っていたりすることが普通ですから、さらに状況は複雑になります。

この辺りのタスク処理には、各自ノウハウがあると思いますが、PCだけ(あるいはPCをメインに)メールを処理していた時代に比べて、複数デバイスを同等に使い、かつメールだけではなくメッセンジャー系でのやり取りも加わる今は、管理が複雑になっていることは間違いないと思います。

そこから返信の漏れが多くなっている可能性も考えられます。

というわけで、私からのメールの返信が届かないときは、見落としているんだろうと思ってください。たぶん、嫌っている訳ではありません。

(つづく)